トップページ >  保湿対策について >  乾燥肌・敏感肌が肌の老化を招く?

乾燥肌・敏感肌をほおっておくと、肌の老化が早まる?

様々な刺激から肌内部を守ってくれている角質層。
この角質層が傷ついてしまっていれば当然肌内部をしっかりガードすることが出来なくなるので肌の状態は悪化し、いわゆる「乾燥肌」や「敏感肌」と呼ばれる肌状態になってしまいます。
そしてその状態を放置しておくと最終的には肌の老化を早める最悪の結果となってしまうんです。

角質層の乱れによって引き起こされる肌トラブル

角質層が傷ついたり正常にターンオーバーがされていないと、下の様な肌トラブルを引き起こします。

紫外線がダイレクトに肌内部に侵入→シミが増える
炎症が続くと肌のハリを維持するコラーゲンを切断→肌のハリや弾力を失い、たるみの原因に
肌内部の水分がどんどん蒸散していく→肌の乾燥を招き、シワやくすみの原因に
ホコリやチリなどが乱れた角質の隙間に埋まる→にきびや吹き出物の原因に
化粧品を異物とみなして炎症を起こす→赤みやかゆみ、痛みを引き起こす

このように角質層の乱れは肌の老化に直結しているんです。

また、角質層が乱れていると肌は急いで角質層を修復しようとして無理して角質細胞を作ります。
この時出来た角質細胞は未熟のままの状態でこの現象を「不全角化」と言います。
未熟な角質層で構成された角質層も未熟で不完全な状態なので、更なる敏感肌を引き起こすと言う悪循環を招いてしまうんです。

このような事を引き起こさない為にもまずは角質層を整えて、乾燥肌・敏感肌とサヨナラする事が肌の老化防止にはとても大事なんですね。

角質層を整える為に必要なコト

スカスカになった角質層にセラミドを補充して保湿
水分が蒸散しないように角質層の表面にフタをする

角質層は角質細胞とそれをキレイに並べる為のいわば「セメント」の役割を果たす角質間脂質で出来ています。
角質間脂質を満たしているのが保湿成分セラミド。
セラミドは水分保持力が高いので、角質層を満たすと共に水分の蒸散を防ぐフタの役割も兼ねています。
乾燥肌・敏感肌の人はこのセラミドが不足しがちで角質層がスカスカになりやすいので化粧水を選ぶ時にはセラミドが配合されているものがオススメです。