トップページ >  保湿対策について >  乾燥・敏感肌でカサカサ

乾燥肌・敏感肌で肌がカサカサする

乾燥肌・敏感肌で肌がカサカサ・・・なぜこのようになってしまうのでしょう?

健康な肌は角質層に約30%の水分がある状態です。 この水分量が30%よりも低くなると肌がカサカサになります。ひどい人は粉をふいて白くなったりもします。

冬場は外気の湿度が低くなりますが、実は暖房が効いたオフィスや建物内のほうが湿度は低いです。 また、夏場のエアコンをかけている部屋も湿度は低くなります。

どちらにしろ、一番乾燥しているのは部屋の中なのです。 暖房やクーラーが効いた部屋の中の湿度が30%以下になるのは珍しいことではありません。部屋の中でこそ、保湿対策をする必要があるのです。

健康な肌ならば、湿度が30%以下になっても肌の保湿成分を作る力がきちんと働いていれば水分は蒸発しません。 保湿成分をつくる力が低下すると肌は乾燥します。

肌がカサカサするのは、肌のバリア機能がきちんと働いていない為です。 乾燥肌や敏感肌の人はバリア機能が弱いためにカサカサになってしまうのです。

バリア機能って具体的にどんなこと?

肌の一番表面には角層という0.02ミリの膜があり、この膜が外気から肌を守り、肌内部の水分が蒸発しないように守ってくれています。

角層は死んだ表皮細胞の集まりで、セラミドなどの細胞間脂質がこれらをつなぎとめてバリアを形成しています。 細胞間脂質は細胞同士をつなぎとめる役割と、水分を逃さない役割2つを担っています。 つまり細胞間脂質が少なくなると表皮細胞もガタガタになりすきまだらけ、そして表皮細胞がはがれます。 これが肌がカサカサの正体です。

ではカサカサの状態を改善するためにはどうしたらよいでしょう?
⇒それは細胞間脂質を増やすことです。

細胞間脂質を増やさずに化粧品で一生懸命水分を補っても、乾燥する力のほうが早いのであまり良い方向にはいきません。 角層がすきまだらけで「ざる」状態になっているからです。

水分を与えるのではなく「保つ」ほうにシフトすべきです。

細胞間脂質はおよそ半分がセラミドでできています。半分を占める上に水分を継続的に保つ力がとても強いので、セラミドを補うことが肌の保水力をあげる一番の近道です。

既にセラミド配合の化粧品を使ってるのに・・・という人は、セラミド含有量が少ない化粧品を使っている可能性があります。 セラミドは他の成分と比べて高価なので、3,000円以下の化粧品は配合比率が低いと思って良いでしょう。ひとつの基準にしてみてください。