トップページ >  保湿対策について >  肌の角層とセラミドの関係

肌の角質とセラミドの関係

角層は肌の一番表面にあります。角層の下にあって一番深い部分の表皮細胞は日々作られていますが、古いものから順番に上に押し上げられていきます。その表皮細胞が死んだものが角層です。 熱さは0.02ミリととても薄いですが、この角層が肌を守るバリアの役割を果たしています。

この角層の膜が皮膚に触れるものから守ってくれて、肌内部の水分が蒸発しないようにしてくれています。 この働きを「バリア機能」と呼んでいます。

健康な角層は自分自身で保湿成分であるセラミドをつくり出すことができ、約30%の水分を含んでいるのが正常な状態。 角質細胞と角質細胞の間にあるのがセラミドなどの細胞間脂質と呼ばれるもので、角質細胞同士をつなぎとめる役割をしています。

レンガとセメントを想像するとわかりやすいと思います。

つまり、細胞間脂質が減ると角質同士のつながりが弱くなるので刺激を受けやすく、水分が蒸発しやすい肌になってしまいます。細胞間脂質の約半分はセラミドでできているので、セラミドを補うことが肌の水分量を上げ、バリア機能を強くする近道なのです。

肌が粉をふいた状態になるのは、セラミド不足により角質細胞にすきまがうまれ、一部がはがれ落ちたりします。これが粉をふいた状態にみえているんですね。この状態の時はバリア機能が弱まっているので、洗顔の時に石鹸がしみたりするんです。

セラミドをつくり出す量は年齢と共に減っていくので、健康な状態でも肌はだんだん乾燥しやすくなるのが通常の状態なんです。ちょっとこわいですよね(*_*)

健常肌を維持しているだけでもセラミドは年齢と共に減るので保水力は落ちていきます。 セラミドは細胞間脂質の50%を占めますが、セラミドが減ると肌の水分量は約80%減少するといわれています。 また、水と結合する性質があり、湿度が0%になっても蒸発しないというすごい効果があります!

つまり、肌の中に十分なセラミドがあれば、外気の湿度に関係なく真冬でも肌は乾燥しないのです。

既にセラミド配合の化粧品を使っているのに・・・

肌の乾燥が気になる人はセラミド配合の化粧品を使うと肌の水分量を徐々に増やすことができます。 もうすでにセラミド配合のものを使っているのに乾燥する、という人はその化粧品のセラミド含有量が少ないか、油分が不足しているかもしれません。最後に保湿クリームを重ねることもしてみてください。